Yezo Brown Bear Lab

ヒグマを知る!

日本の北海道だけに生息する「エゾヒグマ」
ヒグマに襲われる恐ろしい事件が過去にあったせいか、「人喰いグマ」「人殺しグマ」のイメージを持たれる方も多いと思います。

でもヒグマを知ると「臆病」で人間を避けて暮らしていることがわかります。

ヒグマってどんな動物?

種類 エゾヒグマ
学名 Ursus Arctos Yesoensis
分類 ネコ目クマ科
生存数 推定約1万600頭±6700頭(2012年)
生息地 北海道(本州にはいない)
体長
(成獣)
オス♂ 180~240cm
メス♀ 140~180cm
体重
(成獣)
オス♂ 180~350kg(最大級520kg)
メス♀ 100~180kg
寿命 20~30年(最高齢41歳(飼育下))
食性 雑食
発情期 5下旬~7月上旬
発情年齢 4・5歳(最若3歳)
妊娠期間 約8ヶ月間
出産期 1~2月中旬
産子数 1回に1~3匹産む
胎児 体長25~25cm・体重300~600g
養育期間 1~2歳まで
あだな 山親爺・オヤジ
泳法 犬かき
冬ごもり 11月下旬~3月、4月中旬
時速 50km程度

ヒグマってこんな動物です

ヒグマの捕獲と生息数

北海道は1963年から「ヒグマ捕獲奨励事業」を開始して捕獲を推進し1980年度まで継続。
1966年からヒグマの生息数を減少させる目的で「春グマ駆除」が実施され、1990年に廃止されました。上記施策のため一時期はだいぶ数を減らしたヒグマですが、「春グマ駆除」廃止以降、数を増やしていると言われています。
2012年の推定生息数は約1万600頭±6700頭

  • 1963~1980:ヒグマ捕獲奨励事業
  • 1966~1990:春グマ駆除
  • 2012:推定生息数は1万600頭±6700頭

人身事故とヒグマ捕獲奨励事業と春グマ駆除

体長・体重

オス♂とメス♀は体長、体重に差があります。
成獣のオスの方が全体的に大きく、メスはオスより小ぶりな体格です。
オスとメスの見分け方は難しく、単独の個体をぱっと見、見分けられません。
子グマを連れているのは母グマなので、小さいクマと一緒にいる個体はメスです。

しかし大きな個体と小ぶりな個体(子グマではない)が一緒にいる場合、オスの成獣とメスの成獣の可能性もあります。繁殖期にはオスとメスが一緒にいることもあります。
親離れしたばかりの兄弟姉妹グマがしばらくの間行動を共にすることもあります。

ヒグマの体長・体重・毛
「2mのヒグマ」という表現を報道で見ますが、どこからどこまでの長さでしょう? ヒグマの毛は茶色以外にも色があるのでしょうか? 目次

ヒグマの年齢

ヒグマは冬ごもり中の穴の中で生まれます。
その後母親に養育され、約1歳半~2歳半くらいまでに親離れします。
4~5歳になると繁殖ができるようになります。
寿命は20~30歳といわれ、野生化の捕獲個体で最高齢はオスメスともに34歳。
飼育下の最高齢は41歳のメス♀です。

ヒグマの出産と育児
ヒグマはいつ出産し、どのような育児をするのでしょうか? 人間と同じように父グマと母グマが協力して子供を育てるのでしょうか? 目次1

同じカテゴリーの記事

冬眠しないヒグマ?
冬眠しないヒグマ?
ヒグマの一生
ヒグマの一生
ヒグマの一年
ヒグマの一年
ヒグマの社会
ヒグマの社会
ヒグマの出産と育児
ヒグマの出産と育児
ヒグマの年齢