Yezo Brown Bear Lab

2023(R5)年ヒグマ事件

2023年ヒグマ事件リスト

(死亡:2名/負傷:8名/合計:10名)

概要 発生地 発生日 被害者 備考 クマ
山林作業中襲われ負傷 函館市大船町 2/4 負傷1 山林作業 体長2m
犬の散歩中襲われ重傷 厚岸町 4/1 負傷 犬の散歩
釣り男性襲われ死亡 幌加内町朱鞠内湖 5/14 死亡 釣り 3歳1.5mオス
シカ猟男性襲われ負傷 羅臼町 6/28 負傷 シカ駆除
釣り男性襲われ負傷 阿寒町 10/13 負傷 釣り
登山男性襲われ死亡 福島町大千軒岳 10/29 死亡 登山 1.25mオス
登山男性襲われ負傷 福島町大千軒岳 10/31 負傷 登山 1.25mオス
登山男性襲われ負傷 福島町大千軒岳 10/31 負傷 登山 1.25mオス
狩猟男性襲われ負傷 滝上町 11/21 負傷 狩猟 5歳1.2m,100kgメス
狩猟女性襲われ負傷 滝上町 11/21 負傷 狩猟 5歳1.2m,100kgメス

2023年は12月31日現在で10件の人身事故が起きています。

2000-2023ヒグマ人身事故件数グラフ

2月は函館で山林作業中(剪定作業)に負傷事故。
4月は厚岸で犬の散歩中に負傷事故。
5月は幌加内町朱鞠内湖でイトウ釣りの男性が襲われ死亡しました。
6月は知床岬でシカ駆除中の男性が襲われ負傷。
10月には釣り男性が林道で母子グマに襲われ負傷。
大千軒岳では登山男性が襲われ死亡、その後同一個体に登山男性2名が襲われ負傷。
11月はクマシカ猟中にヒグマに襲われ2名が負傷。

年別ヒグマ人身事故件数を見てみると、2021年が突出していましたが、2023年も8件とかなりの数になってきました。
2000-最新年別ヒグマ人身事故件数

駆除・狩猟者も入れたグラフは以下です。
2000-最新年別ヒグマ人身事故件数(駆除・狩猟含む)

2000-2023加害グマ分類グラフ

2000-最新加害グマ分析

ヒグマ死亡事故は4月と5月で5割を超えています。
ヒグマ死亡事故の山菜採りの多さは以下の記事からどうぞ。

山菜採りでヒグマに襲われた被害者の死亡率がすごい
ヒグマの人身事故被害者の行動目的の中で死亡率が圧倒的に高いものがあります。 2000年以降で最も人身事故が多いのは10月。全体の3

ヒグマの性別等が明らかになっているもの以外は不明としています。

2000-最新加害グマ分析

2000-2023被害者分類グラフ

発生月は4月10月で4割を占めますが、最近冬眠期間の事故も増えてきています。

2000-最新月別ヒグマ人身事故件数

2000-最新ヒグマ人身事故被害者分析2

被害者は男性の方が8割となっています。

2000年以降の20数年間のヒグマ事件をまとめた記事はこちら。

2000年以降のヒグマ人身事故
リストは発生年月日の古い順から並べています。 原則一般の方が被害に遭った事件をリストにしています。 レコードは死亡事件、負傷事件の

同じカテゴリーの記事

2020年月別ヒグマ人身事故件数
2020(R2)年ヒグマ事件-死亡1・負傷2名
2021年月別ヒグマ人身事故件数
2021(R3)年ヒグマ事件-過去65年で最も人が襲われた魔の年
2024年月別ヒグマ人身事故
2024(R6)年ヒグマ事件
2022年月別ヒグマ人身事故件数
2022(R4)年ヒグマ事件-負傷者5名