ヒグマの事件・対処法等データベースのヒグマ研究室

事件録タイトル画像
事件録タイトル

札幌丘珠ヒグマ事件

1878(明治11)年に現在の札幌市で起こった事件である。
この事件ではヒグマを手負いにした猟師1名と一般人2名、合計3名が犠牲になった。

1)猟師狩りに失敗・逆襲され殺される

明治11年1月11日、真冬の札幌。
ある猟師が円山と藻岩山の山間のクマ穴にクマを捕りに行った。
既にヒグマは冬ごもりをしている時期である。
しかし猟師はこの穴グマを捕り損ね、逆に殺されてしまう。

2)クマ逃げ回る

クマは冬ごもりを猟師により中断されたため、飢餓状態で真冬の札幌の町中を走り回った。
クマ駆除隊も編成され、クマは猟師によって起こされた山から平岸⇒月寒⇒白石⇒雁来まで逃げ回った。
その後駆除隊は雁来でヒグマを見失う。
ヒグマは事件現場になる丘珠へ向かっていた。

ヒグマ逃走経路

3)クマ、堺さん宅に侵入・2名殺害

1月17日深夜、丘珠の堺さん宅に侵入。
堺さん宅には堺さん、妻、長男、雇女の4名がいた。
ヒグマは堺さんとまだ乳のみ子だった長男を殺害。
一緒にいた妻と雇われていた女性も重傷を負う。

4)加害グマ射殺される

1月18日昼ごろ、加害グマが駆除隊に射殺される。

  • 体長:1.9m
  • 性別:オス
  • 年齢:成獣
  • 加害理由:冬ごもり中のヒグマを猟師が手負いにした為

加害グマの剥製や胃の内容物は北海道大学植物園の博物館にあります。
※加害グマ写真について

ヒグマによる被害者

死者3名、負傷者2名。以下は死者3名。

  1. 猟師
  2. 堺さん
  3. 堺さんの長男

事件場所

石狩国札幌郡札幌村大字丘珠村(現在:札幌市東区丘珠町)


より大きな地図で ヒグマ事件 を表示

※事件場所は大まかな位置です。

関連リンク

Sponsored Links